STADIA 低速なスマホでも高機能ゲームが楽しめるようになりそう

Googleがまたやってくれそうです。

3月19日にゲーム開発者イベントGDC(Game Developers Conference)で「STADIA(読みはステイディアだろうけど、メディアではスタディアと言ってるのでスタディアになってしまう?)」なるゲームのプラットフォームを発表しました。

私が注目したSTADIAのスゴいところは、今までは、PS4や高機能なスマホでしかできなかったゲーム、例えば3D映像のゲームなどが低速なスマホでできてしまうというもの。

つまり、今まで低速なスマホだとカクカクしていたものが、なめらかに表示され低速なスマホでも高機能なゲームを楽しめそうです!

これは、今まで高機能なCPUやGPUで処理を必要としていた高負荷な処理を手元のゲーム機やスマホ側で処理するのではなく、データセンター側(クラウド)で処理するので、ユーザのマシンは表示だけ(ゲームストリーミング)なので低速、低機能なスマホなどでも可能になるというもの。

このSTADIAのゲーム機能としての性能はPS4 Proの約2.5倍というのですから期待大です!

現状4Kで将来は8Kとのことで大画面テレビでゲームを楽しむと迫力もありそうです。このSTADIA、スマホでゲームをして、続きをテレビの大画面でするようなこともできるようです。

残念なのはアメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパで2019年中のサービス開始を予定なのに日本では未定なんて…

まぁ、STADIAが開始したら、私のアーリーリタイア生活の趣味がまた増えそうですね。

こんなに高機能なゲームソフトも無料で提供してくれるのかな?

ちなみに、やはりというか、任天堂の株価が終値で3.21%の下落、ソニーの株価が3.38%の下落となってしまいました。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
Google (Alphabet)趣味
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。