NYダウ 営業キャッシュフローマージンのランキング

先日、大手IT(アマゾン、マイクロソフト、アップル、Google、IBM)の営業キャッシュフローマージンのチャートを作りましたが、今回は、プログラムを作成して、NYダウすべての銘柄での営業キャッシュフローマージンのランキングを作ってみました。元データはYahooからのもので、2018年(データがないものは2017年)の売上と営業キャッシュフローを使いました。

結果、V(ビザ)がダントツの1位で61.7%でした。ビザは株価が最近はちょっと軟調ですが、右肩上がりで大好きです〜

この中で私が保有している銘柄は、1位のV(ビザ)、3位のMSFT(マイクロソフト)、6位のAAPL(アップル)、8位のJNJ(ジョンソン&ジョンソン)、21位のXOM(エクソンモービル)です。Market Hackの広瀬隆雄氏はこの数値が15%以上の米国株への投資を推奨していますが、確かに営業キャッシュフローマージンがランキングの上位にある企業は安心して保有してられる銘柄が多いと思いました。2位のインテル(INTC)は優良企業であるものの、メモリを含む半導体関連は投資対象として難しいので投資対象外にしています。9位のVZ(ベライゾン)は昨年、思った以上に値上がりしたので手放し、同じ通信セクタで叩き売られて割安&高配当だと思ったT(AT&T)に買い換えてます。

あと、NYダウ自体もETFと投資信託で保有しています。

順位銘柄 (ティッカー)営業CF
マージン
売上高営業CF
1V61.7%20,609,00012,713,000
2INTC41.5%70,848,00029,432,000
3MSFT39.8%110,360,00043,884,000
4MCD33.1%21,025,2006,966,700
5PFE31.3%52,546,00016,470,000
6AAPL29.2%265,595,00077,434,000
7CSCO27.7%49,330,00013,666,000
8JNJ27.5%76,450,00021,056,000
9VZ26.2%130,863,00034,339,000
10AXP24.1%36,986,0008,930,000
11DIS24.1%59,434,00014,295,000
12KO23.9%31,856,0007,627,000
13PG22.2%66,832,00014,867,000
14MMM19.7%32,765,0006,439,000
15CVX19.3%158,902,00030,600,000
16IBM19.2%79,591,00015,247,000
17MRK16.1%40,122,0006,447,000
18BA15.2%101,127,00015,322,000
19TRV14.5%30,282,0004,380,000
20NKE13.6%36,397,0004,955,000
21XOM12.6%238,883,00030,066,000
22CAT12.0%54,722,0006,558,000
23HD11.9%100,904,00012,031,000
24UTX9.5%66,501,0006,322,000
25UNH6.9%226,247,00015,713,000
26WBA6.3%131,537,0008,265,000
27DWDP5.5%85,977,0004,731,000
28WMT5.4%514,405,00027,753,000
29JPM-2.7%93,689,000-2,501,000
30GS-55.3%32,073,000-17,742,000

今後、S&P500とNasdaq100もランキングを作る予定です。

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
米国株投資
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。