IT大手4社の株価 マイクロソフトが圧勝

米国株はチャート的に重要な節目に差し掛かってますが、この1年間のIT大手4社、Google、アマゾン、マイクロソフト、アップルの株価の推移を振り返り、過去1年間の株価の比較チャートをpythonで作成してみました。縦軸は、それぞれ1年前の株価を1として株価が何倍になっているかが簡単にわかるようにしました。

以下の株価チャートで、アップル(AAPL):青、アマゾン(AMZN):橙、Google (GOOGL):緑、マイクロソフト(MSFT): 赤です。

MSFT AMZN GOOGL AAPL 株価チャート 1年

結果、この1年ではマイクロソフトが他の3社を引き離して約33%の上昇で圧勝でした。一番下げた時でも(昨年末のクリスマスでの大幅下落)、このチャート上では1を上回っておりマイナスになりませんでした。他の3社は1年間を通したパフォーマンスでは+14〜15%でほぼ同じでした。

※ このチャートでアップル、マイクロソフトの配当分は考慮してません。


2018-03-22の株価2019-03-22の株価1年間のパフォーマンス
AAPL166.32191.05114.9%
AMZN1544.921764.77114.2%
GOOGL1053.151207.65114.7%
MSFT88.30117.05132.6%

ついでに過去2年間のチャートを振り返ると、かなり印象が変わります。

MSFT AMZN GOOGL AAPL 株価チャート 2年

アマゾン(橙)が圧勝でマイクロソフト(赤)が続きます。アマゾンを2年前から保有している人は株価が2倍以上になってます。私は4社の株を持っていましたが、昨年、アマゾンがいくらなんでも上がり過ぎと考え手放してしまいました。今後のことはわかりませんが、チャートをみると2.4倍の2000ドルラインを再び超えてくるようにもみえます。なんと言っても、株の世界では「半値戻しは全値戻し」といいますからね。アマゾンの戻りの勢いも十分あります。


2017-03-22の株価2019-03-22の株価2年間のパフォーマンス
AAPL137.13191.05139.3%
AMZN848.061764.77208.1%
GOOGL849.801207.65142.1%
MSFT62.64117.05186.9%

この2年間を振り返ると、私の主力銘柄のGoogleはアマゾンやマイクロソフトほどは上がってませんが1.4倍になってます。

続いて、過去2年間のボラティリティの変化のチャートです。

MSFT AMZN GOOGL AAPL ボラティリティ チャート 2年

2018年の10月あたりから投資におけるリスク(ボラティリティ)が大きくなっていることがわかります。

また、アマゾンのボラティリティが2017年10月27日に0.13 (13%)を瞬間的に超えました。株価チャートと対比してみるとわかりますが、この時以降に本格的な上昇トレンドへ移行していることがわかります。この急騰時のことを覚えてるでしょうか?アマゾンの好決算に加え、ホールフーズの買収による売上の増加が確認され急騰しました。

それにしてもマイクロソフトの株価の安定性はとても高くて安心感のある株価推移ですね。

今年、これらのIT大手4社がどんな株価推移になるかワクワクしますね。
今年こそは、Googleがんばってくれると思うのですが〜!
どうでしょう?

※ Googleの自動広告により記事中のおかしな場所にも広告が入ることがあります。不快に思われる方もいるかもしれませんが、ご勘弁願います m(_ _)m

ブログ村に参加してます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 S&Pに対してGoogleは力強い上昇です。Alphabetの決算発表は4月29日です。(4/17記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
米国株投資
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。