IBMに関する天使と悪魔の会話

いつも自分の中で高配当のIBMを買いたい自分と買わない方がいいよという自分が闘っています。言うなれば、天使と悪魔の闘いです。

[ 悪魔 ] IBMはPERは低いし、キャッシュフローをみたって非の打ち所のない銘柄じゃないか?

配当高いよ〜、あんた、仕事してないんだろ?配当金生活にはかかせない銘柄だよ!

[ 天使 ] 騙されちゃダメ。高配当銘柄なんてお金をチラつかせて買わせて、気づくと半値まで売りこまれる悪魔の銘柄だよ。あなたはGEで酷い目ににあってるじゃない。

投資は将来、利益を増やせるかどうかを考えないとダメなんだよ。

[ 悪魔 ] なんてたって、IBMはクラウドや人口知能のワトソンなど将来有望な事業をやっているんだ。IBMは将来が約束されている銘柄なんだよ。

買ったあと少しくらい含み損が出たって、さらに安く買えて配当が上がるんだからいいことなんだよ。安くなったら買い増しすればいいじゃないか。

買い、買い、買いだよ。

[ 天使 ] 本来ならIBMはクラウドで1位でなきゃいけない会社なんだよ。それが、副業でやっているようなアマゾンやマイクロソフトに負けてるなんて「2位じゃダメなんですか?」なんて話しじゃなく番外なんだよ。

人口知能ワトソンだって、完成度が外から見えにくく将来の収益性もわからないよ。しかも、以前、IBMはワトソンは人口知能でないとはっきり言っていたんだよ。人口知能が有望な投資先だと思うならGoogleでしょ。

[ 悪魔 ] IBMは将来有望なクラウドに本気なんだ、先日、Red Hatを3.8兆円で買収したじゃないか。知ってるか? これでIBMの本気度がわかるじゃないか。

[ 天使 ] たかがRed Hatじゃない。Red Hatが持っている技術なんてIBMがすべて持ってるかと思っていたのに、そんな会社をIBMの時価総額の3割に相当する額で買収なんて末期症状だよ。

クラウドが有望だと思うならアマゾンやマイクロソフト、Googleのどれかだと思うよ。

[ 悪魔 ] 配当金生活したいんだろ。もう、リバウンドして、どんどん高くなってきてるじゃないか?

早く買わないと買えなくなるよ。

ご意見をお願いします。