Google 株主への手紙 IPO

先程投稿した「Googleに投資する10の理由と1つの心配 その8」ですが2004年に株式上場したときの「株主への手紙」に関係するので全文とGoogle翻訳での日本語の対訳をつけておきます。

長文ですが、1行だけ日本語の訳として許せない部分があり修正してあります。わかるでしょうか?Googleが好きな人だとピッピッっとわかったかもしれません。

Google is not a conventional company. We do not intend to become one. Throughout Google’s evolution as a privately held company, we have managed Google differently. We have also emphasized an atmosphere of creativity and challenge, which has helped us provide unbiased, accurate and free access to information for those who rely on us around the world. グーグルは従来の会社ではない。私たちは一つになるつもりはありません。非公開会社としてのグーグルの進化を通して、私たちはグーグルを異なった方法で管理してきました。私たちはまた、創造性と挑戦の雰囲気を強調しました。それは私たちが世界中の私たちに頼っている人々のための公平で正確で自由な情報へのアクセスを提供するのを助けました。
Now the time has come for the company to move to public ownership. This change will bring important benefits for our employees, for our present and future shareholders, for our customers, and most of all for Google users. But the standard structure of public ownership may jeopardize the independence and focused objectivity that have been most important in Google’s past success and that we consider most fundamental for its future. Therefore, we have implemented a corporate structure that is designed to protect Google’s ability to innovate and retain its most distinctive characteristics. We are confident that, in the long run, this will benefit Google and its shareholders, old and new. We want to clearly explain our plans and the reasoning and values behind them. We are delighted you are considering an investment in Google and are reading this letter.今、会社が公的所有に移行する時が来ました。この変更は、従業員、現在および将来の株主、顧客、そして大部分のGoogleユーザーに大きな利益をもたらします。しかし、公的所有の標準的な構造は、グーグルの過去の成功において最も重要であり、そして我々がその将来のために最も基本的であると考える独立性と集中的な客観性を危うくするかもしれない。そのため、Googleの革新的な機能を保護し、最も際立った特徴を保持するように設計された企業構造を導入しました。長期的に見れば、これはGoogleとその新旧の株主に利益をもたらすと確信しています。私達は私達の計画とその背後にある推論と価値観を明確に説明したいと思います。 Googleへの投資を検討しており、このレターを読んでいることを嬉しく思います。


Sergey and I intend to write you a letter like this one every year in our annual report. We’ll take turns writing the letter so you’ll hear directly from each of us. We ask that you read this letter in conjunction with the rest of this prospectus.

Serving end user
Sergey and I founded Google because we believed we could provide an important service to the world-instantly delivering relevant information on virtually any topic. Serving our end users is at the heart of what we do and remains our number one priority.
Sergeyと私は、私たちの年次報告書に、毎年このような手紙を書くつもりです。私たちは順番に手紙を書くので、あなたは私たちのそれぞれから直接聞くことができます。この目論見書の他の部分と併せてこの手紙を読むようにお願いします。

エンドユーザーにサービスを提供
Sergeyと私はグーグルを設立しました。私たちは重要なサービスを世界に提供し、事実上あらゆるトピックに関する関連情報を即座に提供できると考えたからです。エンドユーザーにサービスを提供することは、私たちが行うことの核心であり、引き続き最優先事項です。
Our goal is to develop services that significantly improve the lives of as many people as possible. In pursuing this goal, we may do things that we believe have a positive impact on the world, even if the near term financial returns are not obvious. For example, we make our services as widely available as we can by supporting over 90 languages and by providing most services for free. Advertising is our principal source of revenue, and the ads we provide are relevant and useful rather than intrusive and annoying. We strive to provide users with great commercial information. 私たちの目標は、できるだけ多くの人々の生活を大幅に向上させるサービスを開発することです。この目標を達成するために、短期的な経済的収益が明白ではないとしても、世界にプラスの影響を与えると私たちが信じていることをするかもしれません。たとえば、90以上の言語をサポートし、ほとんどのサービスを無料で提供することで、可能な限り広くサービスを利用できるようにしています。広告は私たちの主な収入源であり、私たちが提供する広告は邪魔で迷惑なものではなく関連性があり有用です。私たちはユーザーにすばらしい商業情報を提供するよう努めます。
We are proud of the products we have built, and we hope that those we create in the future will have an even greater positive impact on the world. Long term focus私達は私達が造った製品を誇りに思っています、そして私達が将来私達が作り出すものが世界にいっそうもっと良いプラスの影響を与えることを願っています。 長期フォーカス
As a private company, we have concentrated on the long term, and this has served us well. As a public company, we will do the same. In our opinion, outside pressures too often tempt companies to sacrifice long term opportunities to meet quarterly market expectations. Sometimes this pressure has caused companies to manipulate financial results in order to “make their quarter.” In Warren Buffett’s words, “We won’t ‘smooth’ quarterly or annual results: If earnings figures are lumpy when they reach headquarters, they will be lumpy when they reach you.”民間企業として、私達は長期に集中しました、そしてこれは私達に役立っています。公開会社として、私たちは同じことをします。私たちの意見では、外部からの圧力があまりにも多くの場合、企業は四半期ごとの市場の期待に応えるために長期的な機会を犠牲にしたくなります。ウォーレンバフェット氏の言葉では、「四半期ごとまたは年次の結果を「平準化」することはできません。彼らがあなたに連絡を取ったときには、でこぼこしています。」


If opportunities arise that might cause us to sacrifice short term results but are in the best long term interest of our shareholders, we will take those opportunities. We will have the fortitude to do this. We would request that our shareholders take the long term view.短期的な結果を犠牲にする可能性があるが株主の最善の長期的利益になる可能性がある機会が生じた場合、その機会を利用します。私達はこれをするための幸運を持っているでしょう。私達は私達の株主が長期的な見解をとることを要求するでしょう。

You might ask how long is long term? Usually we expect projects to have some realized benefit or progress within a year or two. But, we are trying to look forward as far as we can. Despite the quickly changing business and technology landscape, we try to look at three to five year scenarios in order to decide what to do now. We try to optimize total benefit over these multi-year scenarios. While we are strong advocates of this strategy, it is difficult to make good multi-year predictions in technology.

あなたはどのくらいの期間が長期ですか?通常、私たちは、プロジェクトが1〜2年以内に実現された利益または進歩をもたらすことを期待しています。しかし、私たちはできる限り楽しみにしています。急速に変化するビジネスおよび技術の展望にもかかわらず、私たちは今何をすべきかを決定するために3〜5年のシナリオを検討しようとします。私達はこれらの複数年のシナリオにわたる総利益を最大限に活用することを試みます。私たちはこの戦略を強く支持していますが、テクノロジーで複数年にわたる予測を立てることは困難です。
Many companies are under pressure to keep their earnings in line with analysts’ forecasts. Therefore, they often accept smaller, predictable earnings rather than larger and less predictable returns. Sergey and I feel this is harmful, and we intend to steer in the opposite direction.多くの企業は、アナリストの予想に沿った収益を維持するよう圧力をかけられています。したがって、大規模で予測可能性の低いリターンではなく、小規模で予測可能な収益を受け入れることがよくあります。 Sergeyと私はこれは有害であると感じており、私たちは反対方向に進むつもりです。
Google has had adequate cash to fund our business and has generated additional cash through operations. This gives us the flexibility to weather costs, benefit from opportunities and optimize our long term earnings. For example, in our ads system we make many improvements that affect revenue in both directions. These are in areas like end user relevance and satisfaction, advertiser satisfaction, partner needs and targeting technology. We release improvements immediately rather than delaying them, even though delay might give “smoother” financial results. You have our commitment to execute quickly to achieve long term value rather than making the quarters more predictable.グーグルは、私たちの事業に資金を提供するのに十分な現金を持っていて、運営を通して追加の現金を生み出しました。これにより、気象コストに対する柔軟性、機会からの恩恵、そして長期的な収益の最適化が可能になります。たとえば、Googleの広告システムでは、収益に影響する多くの改善を双方向で行っています。これらは、エンドユーザーの関連性と満足度、広告主の満足度、パートナーのニーズ、ターゲティングテクノロジなどの分野にあります。たとえ遅れが「より滑らかな」財務結果をもたらすかもしれないとしても、我々はそれらを遅らせるのではなく直ちに改善をリリースする。あなたは、四半期をより予測可能にするのではなく、長期的な価値を達成するために迅速に執行することを約束します。
Our long term focus does have risks. Markets may have trouble evaluating long term value, thus potentially reducing the value of our company. Our long term focus may simply be the wrong business strategy. Competitors may be rewarded for short term tactics and grow stronger as a result. As potential investors, you should consider the risks around our long term focus. 私たちの長期的な焦点はリスクを伴います。市場では長期的な価値の評価に問題がある可能性があり、そのため当社の価値が低下する可能性があります。私たちの長期的な焦点は単に間違った事業戦略かもしれません。競合他社は短期的な戦術で報酬を受け、その結果として強くなるかもしれません。潜在的な投資家として、あなたは私たちの長期的な焦点の周りのリスクを考慮する必要があります。
We will make business decisions with the long term welfare of our company and shareholders in mind and not based on accounting considerations. 当社は、会計上の考慮事項に基づかずに、当社および株主の長期的な幸福を念頭に置いて事業上の決定を下します。
Although we may discuss long term trends in our business, we do not plan to give earnings guidance in the traditional sense. We are not able to predict our business within a narrow range for each quarter. We recognize that our duty is to advance our shareholders’ interests, and we believe that artificially creating short term target numbers serves our shareholders poorly. We would prefer not to be asked to make such predictions, and if asked we will respectfully decline. A management team distracted by a series of short term targets is as pointless as a dieter stepping on a scale every half hour. 当社の事業における長期的な傾向について議論することがありますが、当社は伝統的な意味で収益の見通しを示すことを計画していません。各四半期の狭い範囲内で事業を予測することはできません。私たちは、私たちの義務は株主の利益を向上させることであると認識しています、そして短期間の目標数を人為的に作成することは私たちの株主の利益にはならないと信じています。私たちはそのような予測をするように頼まれないことを望みます、そして頼まれたら私たちは敬意を表して辞退します。一連の短期間の目標に気を取られた経営陣は、30分ごとにダイエットをする人のように無意味です。
Risk vs reward in the long runOur business environment changes rapidly and needs long term investment. We will not hesitate to place major bets on promising new opportunities. 長期的に見たリスクと報酬当社の事業環境は急速に変化し、長期的な投資が必要です。私たちは、有望な新しい機会に大きな賭けをすることを躊躇しません。

We will not shy away from high-risk, high-reward projects because of short term earnings pressure. Some of our past bets have gone extraordinarily well, and others have not. Because we recognize the pursuit of such projects as the key to our long term success, we will continue to seek them out. For example, we would fund projects that have a 10% chance of earning a billion dollars over the long term. Do not be surprised if we place smaller bets in areas that seem very speculative or even strange when compared to our current businesses. Although we cannot quantify the specific level of risk we will undertake, as the ratio of reward to risk increases, we will accept projects further outside our current businesses, especially when the initial investment is small relative to the level of investment in our current businesses. 短期的な収益圧迫のため、高リスク、高報酬のプロジェクトを避けてはいけません。私たちの過去の賭けのいくつかは異常にうまくいった、そして他の人はそうではありませんでした。私たちはそのようなプロジェクトの追求を私たちの長期的な成功への鍵として認識しているので、私たちはそれらを探し続けます。例えば、私たちは長期にわたって10億ドルを稼ぐ可能性が10%あるプロジェクトに資金を提供します。私たちの現在のビジネスと比較したときに非常に投機的または奇妙なように見える領域に私たちがより小さな賭けをしても驚かないでください。リスクに対する報酬の比率が増加するにつれて、引き受けるリスクの具体的なレベルを定量化することはできませんが、特に初期投資が現在のビジネスへの投資のレベルに対して小さい場合は、現在のビジネスの範囲外のプロジェクトを受け入れます。


We encourage our employees, in addition to their regular projects, to spend 20% of their time working on what they think will most benefit Google. This empowers them to be more creative and innovative. Many of our significant advances have happened in this manner. For example, AdSense for content and Google News were both prototyped in “20% time.” Most risky projects fizzle, often teaching us something. Others succeed and become attractive businesses. Googleでは、通常のプロジェクトに加えて、従業員が20%の時間を費やして、Googleに最も役立つと思うことに取り組むことを推奨しています。これは彼らがより創造的で革新的であることを可能にします。私たちの重要な進歩の多くはこのようにして起きました。たとえば、コンテンツ向けAdSenseとGoogleニュースはどちらも「20%の時間」で試作されました。最も危険なプロジェクトの多くは、私たちに何かを教えています。他の企業は成功し魅力的なビジネスになります。


As we seek to maximize value in the long term, we may have quarter-to-quarter volatility as we realize losses on some new projects and gains on others. We would love to better quantify our level of risk and reward for you going forward, but that is very difficult. Even though we are excited about risky projects, we expect to devote the vast majority of our resources to improvements to our main businesses (currently search and advertising). Most employees naturally gravitate toward incremental improvements in core areas so this tends to happen naturally. 長期的に価値を最大化しようとすると、いくつかの新規プロジェクトで損失が発生し、他のプロジェクトで利益が得られるため、四半期ごとのボラティリティが生じる可能性があります。リスクのレベルをより正確に定量化し、今後の見返りを得たいと考えていますが、それは非常に困難です。私たちは危険なプロジェクトに興奮していますが、私たちはリソースの大部分を私たちの主な事業(現在は検索と広告)の改善に費やすことを期待しています。ほとんどの従業員は、コア領域の段階的な改善に自然に惹きつけられているので、これは自然に起こりがちです。


Executive rolesWe run Google as a triumvirate. Sergey and I have worked closely together for the last eight years, five at Google. Eric, our CEO, joined Google three years ago. The three of us run the company collaboratively with Sergey and me as Presidents. The structure is unconventional, but we have worked successfully in this way.
役員の役割私たちはGoogleを三位一体として動かしています。 Sergeyと私は過去8年間、Googleで5年間密接に協力してきました。 CEOのEricは3年前にGoogleに入社しました。私たち3人はSergeyと共同で社長を務めています。その構造は珍しいものですが、我々はこのようにしてうまくいった。


To facilitate timely decisions, Eric, Sergey and I meet daily to update each other on the business and to focus our collaborative thinking on the most important and immediate issues. Decisions are often made by one of us, with the others being briefed later. This works because we have tremendous trust and respect for each other and we generally think alike. Because of our intense long term working relationship, we can often predict differences of opinion among the three of us. We know that when we disagree, the correct decision is far from obvious. For important decisions, we discuss the issue with a larger team appropriate to the task. Differences are resolved through discussion and analysis and by reaching consensus. Eric, Sergey and I run the company without any significant internal conflict, but with healthy debate. As different topics come up, we often delegate decision-making responsibility to one of us. 時宜を得た決断を容易にするために、Eric、Sergey、そして私は毎日ビジネスの場でお互いの最新情報を知り、最も重要で差し迫った問題に私たちの共同思考を集中させるために集まります。決定は私たちの一人によって行われることが多く、他の人は後で説明されます。これはうまくいっています。なぜなら、私たちは互いに対して途方もない信頼と尊敬を持っていて、私たちは一般的に同じだと思うからです。私達の強い長期的な仕事上の関係のために、私達は私達3人の間の意見の相違をしばしば予測することができます。同意しない場合、正しい決定は明白ではないことを私たちは知っています。重要な決定のために、タスクに適したより大きなチームと問題を話し合います。相違点は議論と分析を通してそして合意に達することによって解決される。 Eric、Sergey、そして私は、重大な内部矛盾なく会社を運営していますが、健全な議論を続けています。さまざまなトピックが浮かび上がるにつれて、私たちは意思決定の責任を私たちの1人に委任することがよくあります。


We hired Eric as a more experienced complement to Sergey and me to help us run the business. Eric was CTO of Sun Microsystems. He was also CEO of Novell and has a Ph.D. in computer science, a very unusual and important combination for Google given our scientific and technical culture. This partnership among the three of us has worked very well and we expect it to continue. The shared judgments and extra energy available from all three of us has significantly benefited Google. 私たちは、ビジネスの運営を手助けするために、Sergeyと私をより経験豊富な補完者としてEricを雇いました。 EricはSun MicrosystemsのCTOでした。彼はNovellの最高経営責任者でもあり、博士号も持っています。コンピュータサイエンスでは、Googleにとって非常に珍しくて重要な組み合わせは、私たちの科学的および技術的文化を前提としています。私達3人の間のこのパートナーシップは非常にうまくいっていて、そして我々はそれが継続すると予想します。私たち3人全員が共有する判断と余分なエネルギーがGoogleに大きな利益をもたらしました。
Eric has the legal responsibilities of the CEO and focuses on management of our vice presidents and the sales organization. Sergey focuses on engineering and business deals. I focus on engineering and product management. All three of us devote considerable time to overall management of the company and other fluctuating needs. We also have a distinguished board of directors to oversee the management of Google. We have a talented executive staff that manages day-to-day operations in areas such as finance, sales, engineering, human resources, public relations, legal and product management. We are extremely fortunate to have talented management that has grown the company to where it is today-they operate the company and deserve the credit. EricはCEOの法的責任を持ち、副社長と販売組織の管理に重点を置いています。 Sergeyは、エンジニアリングとビジネス上の取引に焦点を当てています。私はエンジニアリングと製品管理に焦点を当てています。私たち3人全員が、会社の全体的な管理とその他の変動するニーズにかなりの時間を費やしています。 Googleの経営を監督するための優れた取締役会もあります。財務、販売、エンジニアリング、人事、広報、法務および製品管理などの分野で日々の業務を管理する優秀なエグゼクティブスタッフがいます。会社を今日の場所にまで成長させた才能ある経営陣を持っていることは私たちにとって非常に幸運なことです。彼らは会社を運営し、信用に値します。


Corporate structureWe are creating a corporate structure that is designed for stability over long time horizons. By investing in Google, you are placing an unusual long term bet on the team, especially Sergey and me, and on our innovative approach.企業構造長期にわたる安定性のために設計された企業構造を作り出しています。グーグルに投資することによって、あなたはチーム、特にセルゲイと私、そして私たちの革新的なアプローチに珍しい長期的な賭けをしています。

We want Google to become an important and significant institution. That takes time, stability and independence. We bridge the media and technology industries, both of which have experienced considerable consolidation and attempted hostile takeovers. Googleが重要かつ重要な機関になることを願っています。それは時間、安定性と独立性を要します。私たちはメディアとテクノロジー産業を橋渡ししています。どちらもかなりの統合を経験し、敵対的買収を試みました。


In the transition to public ownership, we have set up a corporate structure that will make it harder for outside parties to take over or influence Google. This structure will also make it easier for our management team to follow the long term, innovative approach emphasized earlier. This structure, called a dual class voting structure, is described elsewhere in this prospectus. The Class A common stock we are offering has one vote per share, while the Class B common stock held by many current shareholders has 10 votes per share. 公的所有への移行では、外部の団体がGoogleを引き継いだり影響を及ぼしたりすることをより困難にする企業構造を確立しました。この構造はまた私達の経営陣が以前に強調された長期的で革新的なアプローチに従うことをより簡単にするでしょう。二重クラス投票構造と呼ばれるこの構造は、この目論見書の他の場所で説明されています。私達が提供しているクラスA普通株は一株当たり一票を持つのに対し、多くの現在の株主が保有するクラスB普通株は一株当たり10票を持っています。


The main effect of this structure is likely to leave our team, especially Sergey and me, with increasingly significant control over the company’s decisions and fate, as Google shares change hands. After the IPO, Sergey, Eric and I will control 37.6% of the voting power of Google, and the executive management team and directors as a group will control 61.4% of the voting power. New investors will fully share in Google’s long term economic future but will have little ability to influence its strategic decisions through their voting rights. この構造の主な効果は、Googleのシェアが変化するにつれて、私たちのチーム、特にSergeyと私に、会社の決定と運命をますます重要に制御させることになるでしょう。 IPOの後、Sergey、Eric、および私が、Googleの投票権の37.6%を管理し、経営管理チームおよび取締役としてのグループが投票権の61.4%を管理します。新規投資家は、Googleの長期的な経済的将来性を十分に共有しますが、投票権を通じて戦略的決定に影響を及ぼす能力はほとんどありません。


While this structure is unusual for technology companies, similar structures are common in the media business and has had a profound importance there. The New York Times Company, The Washington Post Company and Dow Jones, the publisher of The Wall Street Journal, all have similar dual class ownership structures. Media observers have pointed out that dual class ownership has allowed these companies to concentrate on their core, long term interest in serious news coverage, despite fluctuations in quarterly results. Berkshire Hathaway has implemented a dual class structure for similar reasons. From the point of view of long term success in advancing a company’s core values, we believe this structure has clearly been an advantage. この構造はテクノロジー企業には珍しいですが、同様の構造はメディアビジネスでも一般的であり、そこで重要な意味を持ちます。ニューヨークタイムズカンパニー、ワシントンポストカンパニー、そしてウォールストリートジャーナルの発行者であるダウジョーンズは、すべて同様の二重のクラス所有構造を持っています。メディアのオブザーバーは、四半期ごとの結果の変動にもかかわらず、二重のクラスの所有権がこれらの会社が重大なニュース報道への彼らの中心的で長期的な関心に集中することを可能にしたと指摘しました。 Berkshire Hathawayも同様の理由で二重クラス構造を実装しました。企業のコアバリューを推進する上で長期的な成功という観点からは、この構造が明らかに利点であると考えています。


Some academic studies have shown that from a purely economic point of view, dual class structures have not harmed the share price of companies. Other studies have concluded that dual class structures have negatively affected share prices, and we cannot assure you that this will not be the case with Google. The shares of each of our classes have identical economic rights and differ only as to voting rights. いくつかの学術研究は、純粋に経済的な観点から、二重階級構造が企業の株価を傷つけないことを示しました。他の研究では、二重階級構造が株価に悪影響を及ぼしていると結論を下しており、Googleではそうではないことを保証することはできません。各クラスの株式は、同一の経済的権利を持ち、投票権に関してのみ異なります。


Google has prospered as a private company. We believe a dual class voting structure will enable Google, as a public company, to retain many of the positive aspects of being private. We understand some investors do not favor dual class structures. Some may believe that our dual class structure will give us the ability to take actions that benefit us, but not Google’s shareholders as a whole. We have considered this point of view carefully, and we and the board have not made our decision lightly. We are convinced that everyone associated with Google-including new investors-will benefit from this structure. However, you should be aware that Google and its shareholders may not realize these intended benefits. グーグルは民間企業として繁栄してきた。デュアルクラス投票構造により、上場企業としてのGoogleは、非公開であることの多くの利点を維持できます。一部の投資家は二重クラス構造を好まないと理解しています。私たちの二重階級構造は私たちに利益をもたらす行動をとる能力を私たちに与えるが、グーグルの株主全体としてではないと考える人もいるかもしれません。私たちはこの観点を慎重に検討しました、そして私たちと取締役会は軽く私たちの決定をしませんでした。 Googleに関連するすべての人(新規投資家を含む)がこの構造から恩恵を受けると確信しています。ただし、グーグルおよびその株主はこれらの意図された利益を認識しない可能性があることに注意する必要があります。


In addition, we have recently expanded our board of directors to include three additional members. John Hennessy is the President of Stanford and has a Doctoral degree in computer science. Art Levinson is CEO of Genentech and has a Ph.D. in biochemistry. Paul Otellini is President and COO of Intel. We could not be more excited about the caliber and experience of these directors. さらに、当社は最近、取締役を3名増員して増員しました。 John HennessyはStanfordの社長で、コンピュータサイエンスの博士号を取得しています。 Art LevinsonはGenentechのCEOで、博士号を持っています。生化学Paul Otelliniは、Intelの社長兼COOです。私達はこれらのディレクターの能力と経験にもっと興奮することはできませんでした。


We believe we have a world class management team impassioned by Google’s mission and responsible for Google’s success. We believe the stability afforded by the dual class structure will enable us to retain our unique culture and continue to attract and retain talented people who are Google’s life blood. Our colleagues will be able to trust that they themselves and their labors of hard work, love and creativity will be well cared for by a company focused on stability and the long term. Googleの使命に熱中し、Googleの成功に責任を負うワールドクラスの経営陣がいます。二重のクラス構造によってもたらされる安定性は、私たちが私たちのユニークな文化を維持し、Googleの生命の血である才能のある人々を引き付け続け続けることを可能にすると信じています。私たちの同僚は、彼ら自身と、一生懸命働いて、愛と創造力を持っている労働力が、安定性と長期に焦点を当てている会社によってよく世話されるであろうと信じることができるでしょう。


As an investor, you are placing a potentially risky long term bet on the team, especially Sergey and me. The two of us, Eric and the rest of the management team recognize that our individual and collective interests are deeply aligned with those of the new investors who choose to support Google. Sergey and I are committed to Google for the long term. The broader Google team has also demonstrated an extraordinary commitment to our long term success. With continued hard work and good fortune, this commitment will last and flourish. 投資家として、あなたはチームに対して潜在的に危険な長期的な賭けをしています。特にSergeyと私です。 Ericと他の経営陣の2人は、私たちの個人的および集団的な利益が、Googleをサポートすることを選択した新しい投資家の利益と深く関わっていることを認識しています。 Sergeyと私は、長期にわたってGoogleに尽力しています。より幅広いグーグルチームはまた、私たちの長期的な成功への驚くべきコミットメントを示しました。継続的な努力と幸運により、この取り組みは持続し繁栄します。


When Sergey and I founded Google, we hoped, but did not expect, it would reach its current size and influence. Our intense and enduring interest was to objectively help people find information efficiently. We also believed that searching and organizing all the world’s information was an unusually important task that should be carried out by a company that is trustworthy and interested in the public good. We believe a well functioning society should have abundant, free and unbiased access to high quality information. Google therefore has a responsibility to the world. The dual class structure helps ensure that this responsibility is met. We believe that fulfilling this responsibility will deliver increased value to our shareholders. Sergeyと私がGoogleを設立したとき、私たちはそれが現在の規模と影響力に達することを望みましたが、期待はしませんでした。私たちの強くて永続的な関心は、人々が情報を効率的に見つけるのを客観的に助けることでした。また、世界中の情報をすべて検索して整理することは、信頼でき、公共の利益に関心のある会社が実行すべき非常に重要な作業であると考えました。私たちは、うまく機能している社会には、質の高い情報への豊富で自由で偏りのないアクセスが必要です。そのため、Googleは世界に対して責任があります。二重のクラス構造は、この責任が確実に満たされるのを助けます。この責任を果たすことで、株主の皆様にさらなる価値がもたらされると考えています。


IPO pricing and allocationIt is important to us to have a fair process for our IPO that is inclusive of both small and large investors. It is also crucial that we achieve a good outcome for Google and its current shareholders. This has led us to pursue an auction-based IPO for our entire offering. Our goal is to have a share price that reflects an efficient market valuation of Google that moves rationally based on changes in our business and the stock market. (The auction process is discussed in more detail elsewhere in this prospectus.)IPOの価格設定と割り当て
小規模および大規模な投資家の両方を含む、IPOのための公正なプロセスを持つことが重要です。また、Googleとその現在の株主にとって良い結果を達成することも重要です。これは私達が私達の全体の製品のためにオークションベースのIPOを追求することにつながりました。当社の目標は、当社の事業及び株式市場の変化に基づいて合理的に動くグーグルの効率的な市場評価を反映した株価を得ることです。 (オークションプロセスについては、この目論見書の他の箇所で詳しく説明しています。)


Many companies going public have suffered from unreasonable speculation, small initial share float, and stock price volatility that hurt them and their investors in the long run. We believe that our auction-based IPO will minimize these problems, though there is no guarantee that it will. 上場している多くの企業は、不当な推測、小さな初期株価変動、そして長期的には彼らと彼らの投資家を傷つけている株価の不安定さに苦しんでいます。オークションベースのIPOがこれらの問題を最小限に抑えると確信していますが、それが保証されるわけではありません。

An auction is an unusual process for an IPO in the United States. Our experience with auction-based advertising systems has been helpful in the auction design process for the IPO. As in the stock market, if people bid for more shares than are available and bid at high prices, the IPO price will be higher. Of course, the IPO price will be lower if there are not enough bidders or if people bid lower prices. This is a simplification, but it captures the basic issues. Our goal is to have the price of our shares at the IPO and in the aftermarket reflect an efficient market price-in other words, a price set by rational and informed buyers and sellers. We seek to achieve a relatively stable price in the days following the IPO and that buyers and sellers receive an efficient market price at the IPO. We will try to achieve this outcome, but of course may not be successful. Our goal of achieving a relatively stable market price may result in Google determining with our underwriters to set the initial public offering price below the auction clearing price. オークションは、米国内のIPOにとっては珍しいプロセスです。オークションベースの広告システムに関する当社の経験は、IPOのオークションデザインプロセスに役立ちました。株式市場の場合と同様に、人々が入手可能な数よりも多くの株に入札し、高値で入札すると、IPO価格はより高くなります。もちろん、十分な入札者がいない場合や人々が低価格で入札した場合、IPO価格は低くなります。これは単純化ですが、基本的な問題を取り込んでいます。当社の目標は、IPOおよびアフターマーケットにおける当社の株価に効率的な市場価格、つまり合理的で情報に基づく買い手および売り手によって設定された価格を反映させることです。私達はIPOの翌日に比較的安定した価格を達成し、買い手と売り手がIPOで効率的な市場価格を受け取ることを目指します。私たちはこの結果を達成しようとしますが、もちろん成功しないかもしれません。比較的安定した市場価格を達成するという私たちの目標は、Googleが最初の公募価格をオークション清算価格よりも低く設定することを当社の引受会社に決定させる可能性があることです。


We are working to create a sufficient supply of shares to meet investor demand at IPO time and after. We are encouraging current shareholders to consider selling some of their shares as part of the offering. These shares will supplement the shares the company sells to provide more supply for investors and hopefully provide a more stable price. Sergey and I, among others, are currently planning to sell a fraction of our shares in the IPO. The more shares current shareholders sell, the more likely it is that they believe the price is not unfairly low. The supply of shares available will likely have an effect on the clearing price of the auction. Since the number of shares being sold is likely to be larger at a high price and smaller at a lower price, investors will likely want to consider the scope of current shareholder participation in the IPO. We may communicate from time to time that we are sellers rather than buyers at certain prices. IPO以降は、投資家の需要に応えるために十分な株数を確保するよう努めています。私たちは現在の株主に、オファリングの一環として一部の株式の売却を検討するよう奨励しています。これらの株式は、投資家のためにより多くの供給を提供し、より安定した価格を提供するために会社が販売する株式を補完するものです。 Sergeyと私は、とりわけ、現在IPOで当社の株式の一部を売却することを計画しています。現在の株主がより多くの株式を売るほど、それは彼らが価格が不当に低くないとは考えていない可能性が高いです。利用可能な株式の供給は、オークションの清算価格に影響を与える可能性があります。売却される株式の数は、高値では大きく、低値では少なくなる可能性が高いため、投資家はIPOへの現在の株主の参加の範囲を検討したいと考えるでしょう。私達は時々私達がある価格のバイヤーよりもむしろセラーであることを伝えるかもしれません。


While we have designed our IPO to be inclusive for both small and large investors, for a variety of reasons described in “Auction Process” not all interested investors will be able to receive an allocation of shares in our IPO. 私たちは中小規模の投資家にも大規模な投資家にも包括的にIPOを設計しましたが、「オークションプロセス」に記載されているさまざまな理由により、関心のある投資家全員がIPOの株式割当を受け取ることができるわけではありません。
We would like you to invest for the long term, and you should not expect to sell Google shares for a profit shortly after Google’s IPO. We encourage investors not to invest in Google at IPO or for some time after, if they believe the price is not sustainable over the long term. Even in the long term, the trading price of Google’s stock may decline.長期的な投資をお願いします。GoogleのIPO後すぐに、Googleの株式を売却して利益を得ることを期待しないでください。投資家は、価格が長期的に持続可能ではないと考えているのであれば、IPOやその後しばらくの間、Googleに投資しないことを推奨します。長期的に見ても、グーグルの株価は下落する可能性があります。
We intend to take steps to help ensure shareholders are well informed. We encourage you to read this prospectus, especially the Risk Factors section. We think that short term speculation without paying attention to price is likely to lose you money, especially with our auction structure. In particular, we caution you that investing in Google through our auction could be followed by a significant decline in the value of your investment after the IPO. 株主に十分な情報を提供するための措置を講じる予定です。この目論見書、特にリスク要因のセクションを読むことをお勧めします。私達は価格に注意を払わないで短期投機はあなたにお金を、特に私達のオークションの構造で、失う可能性が高いと思います。特に、Googleのオークションを通じてGoogleに投資すると、IPO後の投資価値が大幅に低下する可能性があることに注意してください。


GooglersOur employees, who have named themselves Googlers, are everything. Google is organized around the ability to attract and leverage the talent of exceptional technologists and business people. We have been lucky to recruit many creative, principled and hard working stars. We hope to recruit many more in the future. We will reward and treat them well.グーグラー
グーグラーと名付けた私たちの従業員がすべてです。 Googleは優れた技術者やビジネスマンの才能を引き付け、活用する能力を中心に組織されています。私たちは多くの創造的で、原則的で、頑張っているスターを募集することができてラッキーでした。私達は将来もっともっと募集することを望みます。私たちは彼らに褒美をあげて扱います。
We provide many unusual benefits for our employees, including meals free of charge, doctors and washing machines. We are careful to consider the long term advantages to the company of these benefits. Expect us to add benefits rather than pare them down over time. We believe it is easy to be penny wise and pound foolish with respect to benefits that can save employees considerable time and improve their health and productivity. 私たちは、無料の食事、医師、洗濯機など、従業員に多くの変わった恩恵を提供しています。私達はこれらの利点の会社への長期利点を考慮するように注意しています。時間をかけて利益を減らすのではなく、利益を追加することを期待しています。従業員の時間を大幅に節約し、健康と生産性を向上させることができる利点に関して、賢明で愚かで愚かなことは容易であると考えています。


The significant employee ownership of Google has made us what we are today. Because of our employee talent, Google is doing exciting work in nearly every area of computer science. We are in a very competitive industry where the quality of our product is paramount. Talented people are attracted to Google because we empower them to change the world; Google has large computational resources and distribution that enables individuals to make a difference. Our main benefit is a workplace with important projects, where employees can contribute and grow. We are focused on providing an environment where talented, hard working people are rewarded for their contributions to Google and for making the world a better place.従業員のグーグル所有権の高さから、私たちは今日の姿になっています。従業員の才能のために、グーグルはコンピュータサイエンスのほぼすべての分野でエキサイティングな仕事をしています。私達は私達のプロダクトの質が最優先事項である非常に競争の激しい産業にあります。才能のある人々はGoogleに魅了されています。グーグルには、個人が違いを生むことを可能にする大きな計算資源と分布があります。私たちの主な利点は、従業員が貢献し成長できる重要なプロジェクトがある職場です。私たちは、優秀で勤勉な人々がグーグルへの貢献と世界をより良い場所にすることで報われる環境を提供することに焦点を合わせています。


Don’t be evil邪悪にならないで
Don’t be evil. We believe strongly that in the long term, we will be better served-as shareholders and in all other ways-by a company that does good things for the world even if we forgo some short term gains. This is an important aspect of our culture and is broadly shared within the company. 悪くしないでください。私たちは、長期的には、短期的な利益を見逃しても、世界にとって良いことをしている会社によって、株主としてそして他のあらゆる方法でより良く奉仕されることを強く信じます。これは私たちの文化の重要な側面であり、社内で広く共有されています。


Google users trust our systems to help them with important decisions: medical, financial and many others. Our search results are the best we know how to produce. They are unbiased and objective, and we do not accept payment for them or for inclusion or more frequent updating. We also display advertising, which we work hard to make relevant, and we label it clearly. This is similar to a well-run newspaper, where the advertisements are clear and the articles are not influenced by the advertisers’ payments. We believe it is important for everyone to have access to the best information and research, not only to the information people pay for you to see. グーグルのユーザーは重要な決断を手助けするために私達のシステムを信頼しています:医療、財政そして他の多く。私たちの検索結果は、私たちが作り出す方法を知っている最高です。それらは公平かつ客観的なものであり、私たちはそれらに対する支払い、または包括的またはより頻繁な更新に対する支払いを受け入れません。広告も表示していますが、それを関連性を持たせるために努力しています。これは、広告がはっきりしていて記事が広告主の支払いに影響されない、よく走っている新聞に似ています。私たちは、人々があなたに見てもらうために支払う情報だけでなく、最高の情報と研究にアクセスできることがすべての人にとって重要であると考えています。

Making the world a better placeWe aspire to make Google an institution that makes the world a better place. In pursuing this goal, we will always be mindful of our responsibilities to our shareholders, employees, customers and business partners. With our products, Google connects people and information all around the world for free. We are adding other powerful services such as Gmail, which provides an efficient one gigabyte Gmail account for free. We know that some people have raised privacy concerns, primarily over Gmail’s targeted ads, which could lead to negative perceptions about Google. However, we believe Gmail protects a user’s privacy. By releasing services, such as Gmail, for free, we hope to help bridge the digital divide. AdWords connects users and advertisers efficiently, helping both. AdSense helps fund a huge variety of online web sites and enables authors who could not otherwise publish. Last year we created Google Grants-a growing program in which hundreds of non-profits addressing issues, including the environment, poverty and human rights, receive free advertising. And now, we are in the process of establishing the Google Foundation. We intend to contribute significant resources to the foundation, including employee time and approximately 1% of Google’s equity and profits in some form. We hope someday this institution may eclipse Google itself in terms of overall world impact by ambitiously applying innovation and significant resources to the largest of the world’s problems.世界をより良い場所にする
私たちは、Googleを世界をより良い場所にする機関にすることを目指しています。この目標を追求する上で、私たちは常に株主、従業員、顧客、そしてビジネスパートナーに対する私たちの責任に注意を払います。 Googleでは、Googleが世界中の人々と情報を無料で結びつけています。効率的な1ギガバイトのGmailアカウントを無料で提供するGmailなど、その他の強力なサービスを追加しています。一部の人々が、主にGmailのターゲットを絞った広告を介してプライバシーの問題を提起していることを知っています。これは、Googleについて否定的な認識をもたらす可能性があります。ただし、Gmailはユーザーのプライバシーを保護すると考えています。 Gmailなどのサービスを無料でリリースすることで、デジタルデバイドを埋める手助けをしたいと考えています。 AdWordsはユーザーと広告主を効率的に結び付け、両者を助けます。 AdSenseは、多種多様なオンラインWebサイトに資金を提供し、他の方法では公開できなかった作家を可能にします。昨年、Google Grantsを作成しました。このプログラムでは、環境、貧困、人権などの問題に取り組む何百もの非営利団体が無料広告を受け取ることができます。そして今、私たちはGoogle Foundationを設立しようとしています。従業員の時間や、Googleの株式の約1%の利益や何らかの形での収益など、基金に多大なリソースを提供する予定です。私たちはいつの日かこの機関が世界の最大の問題にイノベーションと重要なリソースを野心的に適用することによって世界の全体的な影響の観点からグーグル自体を侵食するかもしれないことを願っています。
Summary and conclusionGoogle is not a conventional company. Eric, Sergey and I intend to operate Google differently, applying the values it has developed as a private company to its future as a public company. Our mission and business description are available in the rest of this prospectus; we encourage you to carefully read this information. We will optimize for the long term rather than trying to produce smooth earnings for each quarter. We will support selected high-risk, high-reward projects and manage our portfolio of projects. We will run the company collaboratively with Eric, our CEO, as a team of three. We are conscious of our duty as fiduciaries for our shareholders, and we will fulfill those responsibilities. We will continue to strive to attract creative, committed new employees, and we will welcome support from new shareholders. We will live up to our “don’t be evil” principle by keeping user trust and not accepting payment for search results. We have a dual class structure that is biased toward stability and independence and that requires investors to bet on the team, especially Sergey and me.まとめと結論
グーグルは従来の会社ではない。 Eric、Sergey、そして私は、Googleが非公開会社として開発した価値を、公開会社としての将来に適用して、Googleの運営方法を変えるつもりです。私たちの使命と事業の説明は、この目論見書の残りで利用可能です。この情報を注意深く読むことをお勧めします。各四半期の収益を円滑にするのではなく、長期的に最適化します。私たちは選ばれた高リスク、高報酬のプロジェクトを支援し、プロジェクトのポートフォリオを管理します。私たちは、最高経営責任者(CEO)であるEricと共同で3つのチームとして会社を運営します。私たちは株主の受託者としての義務を意識しており、それらの責任を果たします。私たちは創造的で献身的な新入社員を引き付けるよう努力し続け、そして新しい株主からの支援を歓迎します。ユーザーの信頼を保ち、検索結果に対する支払いを受け付けないことで、「悪くないこと」の原則に従います。安定性と独立性に偏っており、投資家、特にSergeyと私に賭けをすることを要求する二重のクラス構造があります。


In this letter we have talked about our IPO auction method and our desire for stability and access for all investors. We have discussed our goal to have investors who invest for the long term. Finally, we have discussed our desire to create an ideal working environment that will ultimately drive the success of Google by retaining and attracting talented Googlers.この手紙の中で私たちはIPOオークション方法とすべての投資家のための安定性とアクセスに対する私たちの欲求について話しました。長期にわたって投資する投資家を獲得するという私たちの目標について説明しました。最後に、才能のあるグーグラーを維持し、引き付けることによって、最終的にグーグルの成功を後押しする理想的な職場環境を作り出すという私達の願望について議論しました。
We have tried hard to anticipate your questions. It will be difficult for us to respond to them given legal constraints during our offering process. We look forward to a long and hopefully prosperous relationship with you, our new investors. We wrote this letter to help you understand our company.私達はあなたの質問を予想するように努力しました。私達が私達の提供プロセスの間に法的な制約を与えられた彼らに対応するのは難しいでしょう。私達はあなたと、私達の新しい投資家との長くそしてうまくいけば繁栄する関係を楽しみにしています。私達はあなたが私達の会社を理解するのを助けるためにこの手紙を書きました。
We have a strong commitment to our users worldwide, their communities, the web sites in our network, our advertisers, our investors, and of course our employees. Sergey and I, and the team will do our best to make Google a long term success and the world a better place.私たちは世界中のユーザー、彼らのコミュニティ、私たちのネットワーク内のウェブサイト、私たちの広告主、私たちの投資家、そしてもちろん私たちの従業員に強いコミットメントを持っています。 Sergeyと私、そしてチームは、Googleが長期的な成功を収め、世界をより良い場所にするために最善を尽くします。
Larry Page
Sergey Brin
ラリーページ
セルゲイブリン

原文はこちらから

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、7/26(日本時間)に好決算と自社株買い発表で9.6%上昇。(7/27記)
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
Google (Alphabet)米国株投資
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。