Alphabet (Google)の決算を受けて 2019/第1四半期

Googleの決算発表を受けて株価(GOOGL)が7.5%下落しました。私のポートフォリオではAlphabetの保有が多いため資産額が結構減ってしまいました。

まずは、決算の内容をまとめておきます。

売上高は、前年同期比17%増の363億3900万ドルでしたが、アナリスト予測の売上高は373億3000万ドルで予測に届きませんでした。また、EUの制裁金14億9000万ユーロ(16億8200万ドル)によって、純利益は29%減の66億5700万ドルでした。

数字を客観的にみるとそれほど悪くなく、EUの制裁金に関しては決算発表前に出ていた数字ですし、売上に関してもそれほど食い違いがなかったように思えたのですが大きく下がりました。広告事業の増益率が下がっていることなどありますが、決算発表前に期待の高さで株価が最高値になったことが大きな下落の要因だと感じました。何と言っても、7.5%の下落というのに、過去1年のパフォーマンスでは、S&Pより上回わってます。

私にとっての今回の決算の注目は広告の売上よりもクラウドの売上がどうなったのかです。Googleはガイダンスがなくはっきりしたことはわからないですが、昨年からGoogleはクラウドの投資を積極的に進めており、従業員数も18%増の10万3459人になってます。

その結果ですが、「その他」部門に属するクラウドの売上が25%増の54億4900万ドルでした。ただし、これにはYouTube、Google Play、ハードウェアなども含まれるので純粋なクラウドの伸びがわからず残念です。そのうち数字が公表されるかもしれません。

ちなみに、マイクロソフトのコマーシャルクラウド部門は41%増の96億ドルでした。この数字もどこまでクラウドに含めるかで数字が大きく異なります。

私の今後の投資ですが、今回の決算は良くも悪くもなく投資判断は変わりませんが他の株を利確したドルが少しあり、大きく下げたので買い増しします。実は、昨日、指値で注文していたのですがわずかに指値に届かずに買うことができませんでした。

今晩、買えることを願います。

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
Google (Alphabet)米国株投資
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。