Alphabet (Google)が反トラスト法(独禁法)疑惑により大幅下落

昨日の夜、NY市場の取引開始前に投稿した記事通りにGoogleは反トラスト法(独禁法)疑惑により大きく下落しました。

繰り返しになりますが、数カ月前に書いた通りGoogleは1つの企業としては大きくなりすぎました。他の企業が参入できないだけではなく、国をも脅かす存在になりつつあります。

他の株で1日に20%〜30%下げてもそれほどショックはないのですが、Googleの場合は投資額が大きいので6%程度の下げでもショックは大きいです。ただ、以前の記事にも書いた通り、Googleに投資するのは投資以上の意味があります。株価が下がるのはキツイですが、最後までGoogleにお付き合いしようと思います。

記録として、1日の株価の動き、日足チャート、週足チャートを掲載しておきます。

finance.yahoo.com、GOOGLの1日の株価の動き
前日終値1106.50ドル、始値1066.93ドル (3.58%下落)、最安値1027.03ドル(7.18%下落)、終値1038.74ドル(6.12%下落)

stockcharts.com、GOOGLの日足

stockcharts.com、GOOGLの週足

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、7/26(日本時間)に好決算と自社株買い発表で9.6%上昇。(7/27記)
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
Google (Alphabet)米国株投資
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。