退職部屋よりキツい? 「余った従業員」は介護分野に配転

超大手の損害保険ジャパン日本興亜が従業員数を4000人程度減らすとのニュースがありました。

このニュースでスゴいのが、「余った従業員」は介護分野に配置転換とのこと、リンクのページにもありますが、営業やデスクワークの社員が肉体労働の介護職で働くのは厳しいことから、事実上の肩叩きです。

これって、退職を促すためのいわゆる「退職部屋」よりキツく、この会社がここまでするかという驚きすらあります。

サラリーマンで事務として働いている人が明日から「介護職」を言い渡されるとなるとほとんどの人が無理となって退職を迫られてしまうことになると思います。

この事実上のリストラ策がありだとしたら、他のリストラをしたい会社もどんどん人員不足の介護事業に乗り出していらない社員を介護職に配置転換するようになると思いませんか?

これが増えてくると当然自殺者も出てきてしまうのではないかと心配になります。

ここまで来てしまうと、早期退職制度を実施する会社は超ホワイト企業にみえてしまいます。

雇用の流動性の低い日本でサラリーマンとしてやっていくには、イザとなったときの金銭的な備えが必要です。

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 米国株と日本株の代表的な指数の比較です。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google(Alphabet GOOGL)[赤]
 私の主力株のGoogle (Alphabet)とおススメの投資先のS&Pの1年間のパフォーマンスです。
S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
出来事・話題
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活