米中貿易戦争で株価下落。どうする?

トランプ大統領の中国に対する25%の関税のツイート以降、楽観論が後退して株価は大きく下落しています。

実際に今回の株価下落だけをみるとそこそこの下落ですが、2019年に入ってからというもの株価は右肩上がりで寝るたびに資産が増え続けていた状況からするとこの辺りで株価の調整があってもいい頃です。今までこれだけ上がった割には下げてない印象です。

なので、自分は今のところ楽観の姿勢は崩してません。

中国はアメリカの25%関税に対して報復措置をとるとの報道もありますが、所詮、中国はアメリカに逆らうことはできません。アメリカに逆らう国は大きなしっぺ返しをくらうことは明らかです。

中国もそのあたりは理解してないはずはなく、報復措置を取ったとしても形だけのものになると思います。

なので、私は、この株価下落で日本株の買い増しをしています。なんと言っても、10連休前に安く買えると思っていたのが、あまり株価が安くならなかったのでほとんど買えませんでした。

米国株に関しては、Google (Alphabet)のみ2回に分けて買い増しをしています。もう1段下がればもう1回のみ買い増しをする予定です。

セルインメイの時期で6月以降は株価が下がりやすい時期ですが、ここで調整が入って6月以降はそこそこ上昇するのか、それとも、今回の調整を引き継いでしばらく下落トレンド入りしてしまうのか? どうでしょうか?

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
日本株投資米国株投資
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。