毎日の総資産額をメールで受け取る方法

スプレッドシート利用してますか?

証券会社1つのみで資産管理している方などは、わざわざEXCELやスプレッドシートなどで管理しなくても証券会社のホームページにて資産額がすぐにわかります(ログインしなきゃいけないので面倒ですが……)。

私の場合、外国株は、マネックス証券とSBI証券の2社ですが、日本株は、キャンペーンなどのたびに新たな証券会社に口座を作リ、そのたびに新たな証券会社で株を購入してしまったため、株の保有が嫁の分とあわせると10口座以上にわかれてます。また、iDecoでも投資信託を保有しています。保有している株の銘柄数もとても多く、これらの資産は株価の上げ下げで毎日変動するため、以前は正確な資産額がよくわからない状態でした。

これではいけないとスプレッドシートで資産管理を始め、現在では毎日、NY市場の引け後と東証の引け後に総資産額を自動でメールにて受け取れるようにしました。

スプレッドシートで保有している外国株や日本株、投資信託を管理している方も多いと思います。そのような方はプログラムの経験がない方でも、ちょっとした簡単なプログラムを書くだけで毎日の総資産額のメールを受信したり、総資産額の推移のチャートを自動で描くことも簡単にできます。

スプレッドシートで保有株を管理する場合、

外国株は、スプレッドシートにあるGoogleFinanceの関数でティッカーを指定すれば、個別株の価格を取得できます。また、日本株や投資信託は、GoogleFinanceではサポートしてないため、他のサイトからスクレイピングで株価を取得する必要があります(ここではスプレイピングは省略)。

ここまでできていれば、すべての資産をスプレッドシート上で管理して、資産の合計を計算できるはずです。

ここからは基本的にはスマホではできません。パソコンでの作業になります。

気力の問題もあり、説明不足となりますが、わからない部分はキーワードを検索していただければ、丁寧に解説したサイトが出てくると思いますので、そちらを参照しながらトライしてみてください。

スプレッドシートのメニューでツール > スクリプトエディタを選択すると

Google Apps Script (GAS)というスクリプトにてプログラムを書ける画面になります。

以下がサンプルのプログラムです。

function mail_matome(){
 var sh = SpreadsheetApp.openById(“jlafjafjklfaanajfaj3lj1fhl38jj132h3kkjkh2hk5k”).getSheetByName(“まとめ”);
 var total = sh.getRange(“C3”).getValue();
 total = Math.round(total*10)/10;      // 総資産額
 var us     = sh.getRange(“D3”).getValue();
 us = Math.round(us*10)/10;                     // 外国株 (円)
 var ideco   = sh.getRange(“E3”).getValue();
 ideco = Math.round(ideco*10)/10;               // iDeco合計
 var jp      = sh.getRange(“F3”).getValue();
 jp = Math.round(jp*10)/10;                         // 日本株
 var dol     = sh.getRange(“H3”).getValue();  // 為替レート
 var us_dol = Math.round(us/dol*10000);    // 外国株 (ドル)
 dol = Math.round(dol*100)/100;
   var msg = “今日の総資産額です。\n”;
 msg += total+”円\n”+us+” , “+ideco+” , “+jp+”\n”+us_dol+” , “+dol+”\n\n”;
 MailApp.sendEmail(“sample@gmail.com”, “今日の総資産額”, msg);
}

プログラムを書いたことがない人には難しく感じるかもしれませんが、実際は、上のプログラムはほとんどなにもしていません(とても簡単です)。書いたことがない人にとってはプログラムを始める良いスタートかもしれません。

最初のopenByIdのところで、スプレッドシートのシート固有のIdを設定します。これは、スプレッドシートを開いたときのURLをみるとわかります。そのあとの”まとめ”はシート名です。

あとは、基本的には、スプレッドシートの総資産額、外国株合計、日本株合計、投資信託合計などセルの位置(上では、C3, D3, E3, F3, H3など)を指定して、すべて四捨五入して(小数点1桁)メールするだけです。外国株に関しては、ドルの合計とその時の為替レート(小数点2桁)もあわせて指定。

これを実行すると、初回のみ認証の画面になります。認証ができれば、あとは、トリガー設定でNY市場の引け後、朝は6時〜7時を指定、日本株の引け後、夕方は17時〜18時あたりを指定すれば毎日の総資産額をメールで受け取れます。

サンプルでは、メールのタイトルが「今日の資産額」となっていますが、他人にみられてもいいように、「今日のまとめ」などにしておくといいのかもしれません。実際に私もサンプルとは違います。

注意する点は、毎日、変動する総資産額が送られてくるので、今年の前半のように株価が上がり続けると気分は良いですが、5月以降のように下がり続けるとキツくなります(笑)。

私はこれ以外にも、保有株や買いたい株に関する情報をプログラムにて取得しています。

例えば、保有株や買いたい株が

 3%以上、下落したときにメール

 最新の株価を反映した高配当ランキングをメール

 上げトレンド転換検出をメール

 下げトレンド転換検出をメール

 高値更新をメール

 株価が目標の買値まで下落をメール

などたくさんのメールを毎日受け取ります。

ちょっと勉強するだけでいろいろなことができて面白いですよ。

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、7/26(日本時間)に好決算と自社株買い発表で9.6%上昇。(7/27記)
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
日本株投資米国株投資
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活