楽天モバイルは本当にお得だった

楽天にはいつも「だまされ感」がありなんだか自分にとってイメージが悪いです。

ポイントもらえると思って購入すると条件が複雑でもらえなかったり、もらえたと思っていたら期間限定ポイントで有効期限が短くて使えなかったりです。

また、楽天の株を買ったら買ったで株主優待を使うのも大変で「どうしてこんな試練をうけなきゃならないんだ」(結局まったく使えず)という内容です。

そんな中、みなさんご存知の楽天モバイル un-limitの「1年間無料」キャンペーンです。

ほぼ特定の端末しか使えないものだったので、端末を買わせための罠だと思ってしまいました。

「今度は引っかからないぞ!」と思っていたのですが、すべてが誤解でした。

特定の端末しか使えないのは、端末で利益をあげるためではなく、「通話し放題」を無料にするための苦肉の策のようです。今回は新しい技術を使うことでかけ放題を実現させたようで、楽天を見直しました。これはいろいろな理由で(後述)、他社が真似のできないサービスとなりました。

通話なんてほとんどしないとは言え、「10分などの制限のない通話し放題」、「データ通信無制限」なんて神仕様ですよ!

これが3000円ちょいなんて考えられないです。

このすべて無制限の感覚って、まるで会社をやめてアーリーリタイアしたときの「自由を手に入れた」開放感なんですよ!おおげさか…

有料化された後も本当に通信費を抑えるなら楽天モバイルしかないと考えるようになりました。

今までは回線がソフトバンクの格安simのfuji wifi (simプラン50GBデータ通信のみ)で2480円+税なので、電話を別に契約すると安いプランでも楽天の2980円+税にはかなわないです。おまけに楽天はすべて無制限です。

また、札幌の楽天エリア拡大も急速でついに私の住んでいる地域も楽天エリアになったので高速通信が無制限です。下のエリアマップは6月17日更新となってましたが、実際にはもっと楽天エリアが増殖中(笑)です。

いつも使う場所さえ高速なら、出先(楽天エリア外のauパートナーエリア)で1Mbpsのスピードで十分ですし、高速で通信したくなったら5GBまで使えるのでまったく問題ないです。また、この5GB枠もmy楽天アプリでON/OFFできるので計画的に使えて結構気に入ってます。

アーリーリタイア生活にとってネット環境はとても大事で、動画などのデータ量の大きな通信も気にしなくてもいいので、この値段はうれしいです。

今まではsimカードをwifiルーターに入れて嫁のスマホ、タブレット、パソコンやプリンターなどの共有をしてましたが、今はスマホのテザリングで共有してます。SSIDもwifiルーターと同じIDにしたので切り替えも簡単で、まったく同じように使えてます。

最後に楽天の新しい技術について、ちょっとだけ。

今回楽天が使った技術はwifi callingのようです。アメリカなどでは使われてる技術のようですが、新しい端末でないと対応できないので今のところは使える端末が限られます。

ある意味、後発であってさらに通話品質の多少の悪さを許容できる楽天だからできたものであって他のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)では通話の品質なども含めると始めるためのハードルは高そうです。

他に、ネットワークの仮想化技術、NFV(Network Function Virtualization)を使うことで、どちらかと言うとハードウェアではなくソフトウェアによって回線を増やす技術のようです。

ある意味、使うユーザー数に応じて基地局がスケーラブルになるということでしょうか?

クラウド時代にピッタリの技術です。

いくらキャリアの格安simのUQモバイル(au)、ワイモバイル(ソフトバンク)、OCNモバイル(ドコモ)が頑張ってもこんな値段ですべて無制限のプランなど出せるわけもなく、今でこそ問題もあり評価は低いものの数年後にはドコモ、au、ソフトバンクと並ぶ第4のキャリアと評価されるのは間違いないのではないでしょうか!?

なんだか文句ばかり言ってる人いるけど出始めでトラブル多いのも当たり前であって、自分にとっては現時点で一番価値と価格(2980円+税)でお得なキャリアと言えます。

まぁiphoneの対応も時間の問題です。

楽天モバイルを使ったときの問題点もそれなりにあるので気力があればそのうち書こうと思います。

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 米国株と日本株の代表的な指数の比較です。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google(Alphabet GOOGL)[赤]
 私の主力株のGoogle (Alphabet)とおススメの投資先のS&Pの1年間のパフォーマンスです。
S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
出来事・話題節約生活
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活