株式投資、今はピンチなのチャンスなの?

トランプ大統領のツイートにより先週末の米国株は米中貿易戦争の過熱を連想させて大きく下落しNYダウが2.37% (623.34ドル)下落。また、本日の日本株や中国株もこの流れで大きく下落し、日経平均株価は2.17%(449.87円)下落でした。

この1ヶ月間の株価下落で私の資産も結構減ってしまいました。

2018年末に株価が大きく下落した時に、資産の多くを株式や投資信託などのリスク資産で持っていて、かなり精神的にキツかったのでリスクの取りすぎと判断して、少しずつ株を売却してお金を外貨MMFへ移動して現金比率はかなり上げてきましたが、今回の下落で、まだリスク資産が大きすぎのように感じました。

しかし、こういった下落時こそ、冷静に長期トレンドが上昇トレンドなのか、今後長期トレンドが下落トレンドになってしまうのかを冷静に判断したいです。

私の判断としては、今までとかわらないです。米中貿易戦争はアメリカと中国のチキンゲームです。中国共産党は簡単に引き下がってしまうとメンツが潰れて国内的に問題があるでしょうが、やはり強大なアメリカにはかなう力はありません→いずれはメンツが立つ形で譲歩するしかない。と思います。

私の取り引きとしては、本日、円高もあり4%以上下落した円建てのNYダウのETFを購入しました。

また、今晩のNY市場も始値から下げる可能性がありますがNYダウETF(DIA)を購入しようと思います。本当は私の主力株のGoogle (alphabet)を買い増ししたい気持ちは大きいのですが、Googleの保有比率が大きすぎることや個別株はボラティリティが大きすぎなのでETFとしました。

大きく下落した時に買うよりも、トレンドの切り返しで買うほうが成績が良いですが、私の投資スタイルは下落と共に大きく買っていくスタイルになってしまってます。今回も長期トレンドラインが上昇との判断の間は下落とともに大きく買っていく予定です。

私も含め、今回の下落で精神的にキツかった人はやはり、リスクの取りすぎだと思います。投資額を下げてリスクを減らすことも長く投資していく上で重要かもしれません。

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、7/26(日本時間)に好決算と自社株買い発表で9.6%上昇。(7/27記)
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
日本株投資米国株投資
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活