株取引が好きなのはお金が儲かるからではない

私は株取引が大好きです。

以前ブログでも書きましたが趣味の1つとしてあげてます。

もちろん投資は基本的には利益を出すためにやっているわけですが、株取引でお金が儲からないとしてもやってると思います。

たぶん、自分にとって株取引って最高に面白い知的ゲームなんです。これがこうなったらこうなるはずだなど「未来を予測する」ゲームです。

株を買ってワクワクして予想通りの展開になって株価があがったり、下がったりするとうれしいです。とてもテンション上がります。

株価には世の中のすべてのできごとが反映されます。

 ・世の中の出来事や流行

 ・経済の動き

 ・新商品、新サービス

 ・企業の決算

 ・だれだれがこう言ったああ言った

  (最近はトランプさんの言動で株価が激しく↑↓ですね)

 ・災害など

株式市場はお金のかかった真剣勝負で社会の縮図とも言えるかもしれません。

趣味と言っても、自分の投資をみると

 「お金を増やすための株取引」

 「趣味としての株取引」

に分けて考えてます。お金がからむので趣味としての投資は少額ですし、利益を出すための投資は比較的大きな金額の投資になります。

利益を出すための投資ではリスクも重要な要素で慎重に投資しますが、趣味としての投資では大胆な投資ができて損切りも早いです。

また、投資ブログなどを読むのも楽しいです。

よく「投資ブログ」を読んでも役にたたないとかブログに書いてる人もいますが、そのまま信用しようとするからそうなるのだと思います。だいたい大手証券会社のチーフアナリストが近々日経平均が◯◯円を突破するなんて言った数日後には株が下がり続けることもあるくらいですから、そのまま信用する方がどうかとも思います。

私は、その人その人が考えたストーリーを読むのも楽しいですし、間違った意見もいろいろな意味で十分に参考になると思います。

また、株価チャートを見るのも好きです。チャートをみていると、もっと上がるはずだからトランプさんがフォローのコメントだすのでは?とか、もっと下がるはずだからもっと悪材料が発表されるはずなどと思っていると本当にそうなることもあり「予想どおり!」とか「そう来たか…がっかり」などと思ったりします。

株価が下落トレンドになると証券会社も会社の格付けを下げて追い打ちをかけて株価も下がります、上昇トレンドになってくると逆に格上げなどもどんどん出てきて株価操作してるんじゃないか!と思うこともありますよね。まぁすべて含めて予想しなきゃいけないんですけどね。

最近は趣味としての少額の投資を楽しむ環境が整いました。

というのも、

日本株では、SMBC日興証券のキンカブで値嵩株も含めほとんどの株を500円から買うことができ、手数料もとても安く自由度も高いです。外国株に関しても最近は手数料が改定されてSBI証券、マネックス証券、楽天証券など1株で買っても手数料率が変わらないので気軽にあそびで買えるようになりました。

私の場合、趣味としての投資では少額投資でスゴい数の銘柄数となってしまい専用のプログラムを書いて株の管理をしたり独自の株価アラートプログラムを作ったりして遊んでます。

まぁ少額投資ではうまくいって2倍になったとしてもそこそこの金額しか増えないので投資としてはどうかと思いますが、趣味としての投資としては大満足ですよ。

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、7/26(日本時間)に好決算と自社株買い発表で9.6%上昇。(7/27記)
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
日本株投資米国株投資趣味
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。