株価って上がるときも下がる時も、上下を繰り返すので難しい。でも

米国株はISM製造業指数の悪化、ADP雇用統計の悪化、EUに対する報復関税の発動など株価下落要因が重なり大きく下落しています。また、それを受けて日本株も円高要因や9月に大きく上げていたこともあり反動で大きく下落してます。

NYダウやS&Pは高値から5%程度下げています。IT関連ETFのVGTやQQQは更に大きく下げてます。私は当初、FRBが政策金利を0.25%引き下げたときには株価が上昇して高値を更新すると思っていたので、思い描いていたチャートとは今のところ大きく異なる市場の反応です。

ここまで下げてしまうと、来週の10日から始まる閣僚級の米中貿易協議までは株価が軟調になると思われ、もし協議が決裂してしまうと株価が暴落することも十分に考えられます。

でも、私にはこのまま株価が暴落してそのまま長期的な下落トレンドへ向かうチャートは頭の中には描けません。株価が大きく上昇する直前に一時的に大きく下落することもよくありますが、私には一旦下落して大きく高値更新するようなチャートしか頭の中には描けないです。

ということで、もう少数派になってしまったかもしれませんが、私は今も強気の姿勢です。「今年中に高値更新する」と今でも真剣に思ってます。

とは言え、大事なリタイア資金なので9月下旬に銘柄入れ替えはかなり行いました。主力株のGoogle (alphabet)株は売りたくないので、似たような動きをするグロース株は売却してS&PのようなETFや高配当のSPYDなどへ買い替えを行ってます。MA(マスターカード)をすべて売ったことは書いたと思いますが、V(ビザ)に関しても半分は利益確定をしてますし、AAPL(アップル)などもついに利益確定してしまいました。他にもいろいろ売ってます。

まぁ予想通りになるかどうかはわからないので、それなりに現金比率も高めてます。

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、7/26(日本時間)に好決算と自社株買い発表で9.6%上昇。(7/27記)
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
米国株投資
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。