札幌の川で一生懸命泳いでいる「サケ」を見て「サケに負けた」と感じた

10月中旬から11月中旬にたくさのサケが札幌の川に遡上してきます。ここ最近は川で泳いでいるサケが見たくて週末は川へ何度も行ってます。

豊平川などもたくさんのサケが遡上してきますが、川幅があり深さも深い場所が多くサケを見つけにくかったです。

琴似発寒川は川幅が比較的細くサケを見つけやすかったです。また、深い場所もありますが、川底が見える場所も多いです。

今回写真を撮って感じたのは、肉眼でサケを見つけても写真を撮るとなると、太陽の光が川で反射してしまい写真を撮る難しさを感じました。やはり良い写真を撮るには光の反射を抑えるためにカメラにフィルタを付けた方がいいかもしれません。

随分たくさんの写真を撮りましたが、どこにサケが写ってるのかわからない写真が多かったです。

あまり良い写真は撮れてないですが、川沿いをたくさん歩き、たくさんのがんばって泳いでいるサケをみることができました。

では、写真いきます。

↓中央に固まってサケが4〜5匹写ってます。

↓体のキズが多く、体の至るところが白くなってます。

↓川の本流から少し離れた水が溜まっているところにいてアップで撮れました。

↓川岸で4匹が休んでるところ。橋の上から拡大して撮りました。

↓4匹程度確認できます。背びれもみえます。

↓途中、このような場所がたくさんあります。よくこんなところを泳げますね。

↓川底には4〜5匹のサケの死骸が写ってます。

↓拡大したサケの死骸

サケが遡上してくる川沿いを歩くと所々に川の流れが激しい激流があります。

そんな所を乗り越え、体をボロボロにして産卵のために川を登ってきます。

ほとんどのサケは同じ場所に留まり力を蓄え、一気に激流めがけて突進し、また、川の流れに押し戻されて、また、力を蓄えます。

上流を目指して何度何度もも挑戦して何度何度も失敗します。それでも挑戦して体がボロボロになり、体が削れて白くなっていきます。

どうしてサケたちはこんなに頑張れるのだろう?

産卵を終えたであろうたくさんのサケの死骸もみました。

みんな子孫を残すためがんばって遡上します。サケに「お疲れ様でした」と言わずにはいられません。

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、7/26(日本時間)に好決算と自社株買い発表で9.6%上昇。(7/27記)
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
趣味雑記
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活