日本株を買いたくない理由が1つなくなった

米国株の取り引きをするようになって、米国株ってスゴクいいなって思えるのが、1株単位で買えること。金額的に買える銘柄かどうかをあまり考えずに欲しい銘柄を自分が投資したい額で買えるからいいです。

日本株の場合は、欲しい銘柄があっても100株単位が基本(単元株)で、例えば、ファナックだと200万円〜300万円もします。おまけに、私の取り引きはだいたい、とりあえず打診買いをして大丈夫そうなら買い増しするような複数回にわけて買うことが多いです。

そうなると買えない銘柄が多くなるし、自分の自信によって投資額を決めたいです。

ミニ株みたいなのはあるのは知っていましたが、中途半端であまり買いたくないな〜 米国株っていいな〜って思ってたところ

SMBC日興証券のキンカブ(FROGGY)がいつの間にかスゴく良くなってますよね!

500円以上なら1株単位で買うことができ、金額注文でも買えて、100万円までの買い手数料ゼロです。

おまけに売りの手数料に相当するもの(スプレッド)は0.5%だけど、100株などの単元株になっていれば、普通の現物の株式に交換できます (単元株振替機能)。

普通の現物ということは…

そうなんです。SMBC日興証券なら、ほぼ無料で売ることができます。

SMBC日興証券の場合、信用取引と組み合わせれば、金利だけでほぼ無料で現物株の売買ができる必殺技、知ってました?知ってる人は知ってますが、ウソみたいですよね(今日はエイプリールフールですが本当です)。

売る時は、いったん信用売り(手数料無料)をしてすぐに現渡(手数料なし)。買う時は、いったん信用買い(手数料無料)をして現引(手数料なし)で無料。

なので、わずかな金利だけで売ることもできます。

また、結構いいなと思うのが、買値、売値がVWAPという取引価格の平均値(売買高加重平均価格)で売買できること。→ VWAPに注意

いつも、株を買う時に安く買おうとしてパソコンに張り付いて、気づくと高値で買ってたりして結構疲れます。始値とかだと嫌ですが、平均で買えるならあまり悩まなくてもいいです。

デイトレードは今はしませんが、数週間〜数ヶ月のスィングトレードはよくします。このキンカブなら複数回に分けて買っても手数料がかからないのでとてもいいです。

なんだかSMBC日興証券、スゴくいい!
ほめすぎてますが、SMBC日興証券のまわし者でもなければ、アフィリエイトリンクもありませんよ〜

自分が気に入ったサービスは長く続いてほしいし途中でやめられると困ります。

注意しなきゃいけないのが、日興イージートレードとFROGGYサイトで微妙に注文に関して異なること。日興イージートレードなら、株数注文と金額注文ができるのに、FROGGYサイトだと金額注文しかできない。また、後場注文の受け付け時間が異なる。

変なの〜!
変な人に「変なの〜」って言われると最低なのでなんとかしてください(笑)

早速ですが、この1年間ぼこぼこに売られ続けているファナック、チャートいい感じなのでキンカブで買注文してみました!
前場の注文は8時までと少し早いで〜す。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
日本株投資
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。