日本のアビガンが世界を救う。不足する前にもっともっと増産を!

中国政府が新型コロナウイルスに対して富士フィルムのアビガンの有効性を発表していましたが、今度はドイツ政府がアビガンの有効性を認めてアビガンを大量購入(数百万錠)するとのニュースがありました。インドネシアも購入、イタリアでも臨床試験を行なっているようです。

新型コロナウイルスに有効と言われる薬としてクロロキン、カレトラ、レムデシビル、アビガン、シクレソニドなどがありますが、ドイツの動きをみてもアビガンの有効性は明らかです。

ちなみに日本政府は200万人分を上限にアビガンの備蓄を進めるようですが、マスクと同じようにアビガンの不足が心配です。

どうみてもアビガンの有効性は今のところトップレベルで今後、世界中の人達がアビガンを入手しようとすると足りなくなるのは明らかです。

中国ではアビガンは特許切れで他の製薬会社がライセンス無しで製造できるようですが、日本では早期にライセンス生産などでダイトなどのジェネリックメーカーなども巻き込んで大量生産をしないと間に合わないですよね?

非常事態だというのに日本政府のアビガンに対する対応の遅さが気になります。こんな時に政府が主導しないでどうするの?

それにしてもドイツがイタリアやフランスなど外国の新型コロナウイルスの重症患者を積極的に受け入れてるとのニュースがありましたが…

ドイツ凄い!

ドイツ尊敬します。

日本が、もし中国や韓国から重症患者を受け入れるなどと言ったらほとんどの国民から反対されそうです。

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 米国株と日本株の代表的な指数の比較です。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google(Alphabet GOOGL)[赤]
 私の主力株のGoogle (Alphabet)とおススメの投資先のS&Pの1年間のパフォーマンスです。
S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
出来事・話題
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活