新たな試み? 同じ製品を日本と中国で製造 価格は1.5倍

先日、アマゾンをみていたら、同じ製品で生産国が日本のものと中国のものを価格を変えて両方を販売している製品をみつけました。

最近は中国製ばかりですが、こういった売り方をしているものは初めてみました。私が知らなかっただけ?

ちなみに、この価格を変えて売ってるのは、オムロン 低周波治療器 エレパルス で中国製はHV-F128、日本製はHV-F128-J3で、日本製の型番にはJ3が付いてます。

それで価格ですが、日本製は6,075円、中国製は4,180円で、何と1.45倍と四捨五入すると1.5倍!です。

↑アマゾンのWebサイトより

アマゾンの売上げランキングをみるとまとめられてしまって、どちらがどの程度売れてるのかがわからないのが残念ですが、いくら日本で製造と言っても、こんな1.5倍もするものを買う消費者がそんなにいるのでしょうか?
気になります…

ちなみに私だったら、この製品だと500円程度だったら検討しますが、1000円の価格差なら中国製を選んでしまいます。

みなさんは、どうでしょうか?

※ Googleの自動広告により記事中のおかしな場所にも広告が入ることがあります。不快に思われる方もいるかもしれませんが、ご勘弁願います m(_ _)m

ブログ村に参加してます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 S&Pに対してGoogleは力強い上昇です。Alphabetの決算発表は4月29日です。(4/17記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
雑記
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。