モバイル決済の勝者はPayPayなんかじゃない

PayPayの19年3月期の決算は売上収益5.9億円、当期利益は367億円の赤字でした。LINE Payやメルペイなども赤字でした。

PayPayは大きな赤字ですが、100億円も消費者にばらまいたわけで、赤字決算は当然と言えば当然です。会社が新たな事業をするとこれ程度の赤字は問題ないのでしょうが、では、今後これらの会社は利益を上げることができるのでしょうか?

いつの間にかQRコードのスマホを使った決済はPayPay、LINE Pay、楽天ペイ、Origami Pay、メルペイ、ゆうちょペイ、ファミペイ、D払い、au Payなど凄いことになってます。

PayPayは使える店舗も多く、消費者還元を積極的に行っていたので、トップランナーになり続けるのかもしれません。

でも、こういったQRコード決済って一般消費者にとってもアプリをインストールするだけ、店舗にとってもタブレットを用意あるいはバーコードを提示するだけでいいので敷居は低いですよね。

だからこそ訳がわからなくなるくらいの数の会社が参入するわけで、消費者側からみるとPayPayだろうが、ぱぁぱぁだろうが何でも良くってお得だから使ってるだけですよね?

ということは、PayPayの優位性はほとんどなくなり最終的に会社間の消耗戦でしかないということになります。

しかも、みなさん消費者還元がなくなったり、少なくなって1%程度になったらPayPayなんて使います?

私はQRコードの還元率が1%になったらカード型のクイックペイのような電子マネーの方が便利なので、スマホを開いてアプリを立ち上げて…なんて面倒なQRコード決済なんて使わないです。

最終的には、Felicaを使ったICカード、おサイフケータイ(Googleペイ、Appleペイ)などの電子マネーやクレジットカードに落ち着くと思いません?

ということで結局はキャンペーンなどで安く買い物ができた私たち消費者がやはり一番の勝者ではないかと思います。

資本主義バンザイ〜

PayPayさん、ごっつあんです。

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、7/26(日本時間)に好決算と自社株買い発表で9.6%上昇。(7/27記)
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
出来事・話題
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。