ニトリの個別包装の箱マスクを買ってみた

シャープやアイリスオーヤマなど日本メーカーの異業種参入のマスクが人気ですが、今度は「お値段以上」のニトリが50枚入の箱マスクの販売を開始しました。

はたして、このマスクはお値段以上でしょうか?

ちょうど今使ってるマスクの在庫が少なくなってきたので早速買って、今使っているマスクと比較してみました。

ニトリのマスクはネットでも購入できますが、今回は札幌駅前のエスタ店で購入しました。今のところどの店舗も在庫は充分あるようでした。

個人では、PM2.5などの性能評価はできないので、つけ心地を中心に書いていきます。

値段は1500円で、やはり製造は中国でした。

最初に結論からいくと、このニトリのマスクは

「良くも悪くも普通のマスク」

です。

ただ個別包装というのが個人的にはとても気に入ってます。

比較のマスクは新型コロナ前にサツドラで大量購入したマスクでこちらも製造は中国です。現在は残念ながら、このマスクは手に入りません。

比較です。

・価格

 ニトリのマスクは50枚入で1500円なので、1枚あたりの値段は30円です。

 サツドラ購入のものは60枚入493円で、1枚あたりの値段は約8円でした。この時、安く買えたとは言え、さすが、新型コロナ前はとてもマスクが安かったです。

・ニオイ

アマゾンや楽天などの中国製マスクはレビューをみると「嫌なニオイがする」、「消毒のニオイがする」というのが多いですが、ニトリのものもサツドラのものもまったくニオイがなく清潔感があります。

・ヒモの太さ

写真上がニトリのマスク、写真下が、サツドラのマスクです。

ニトリのものはひもが細く、サツドラのものは太いです。ニトリのものでも耳が痛くなることはありませんが、私はサツドラの太さがあった方がいいと思いました。

・ノーズワイヤー

 どちらもノーズワイヤーが入っており違いは感じません。

・サイズ

ほぼ同じ大きさで、

ニトリ : 17.5cm × 9.5cm

サツドラ : 16.5cm × 9.0cm

・呼吸のしやすさ

 ほぼ変わりませんが、ニトリの方が生地が薄めで呼吸しやすいと感じました。逆を言うと、サツドラの方がマスクとしての機能性は高いのかもしれません。

・個別包装

 ニトリのマスクの個別包装はとても良くて好感がもてます。これが、このマスクの最大の特徴かもしれません。

総合的にはサツドラのマスクの方がしっかりしており、同じ値段で売っていたらサツドラのものを買うかもしれません。ただ、何度も書いてますが、個別包装はポイント高いです。

最後に、未だに表と裏を誤って着けている人が多いです。

一般的なマスクはプリーツ(ひだひだ)の向きが下向きになるように作られています。

下の写真のようにマスクを切るとわかりますが、3層構造で、表の面、裏の面の機能を考えられて作られてます。


結論

ニトリのマスクは「お値段以上」とは言えませんが、信頼できる日本メーカー基準のマスクで購入してよかったです。

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 米国株と日本株の代表的な指数の比較です。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google(Alphabet GOOGL)[赤]
 私の主力株のGoogle (Alphabet)とおススメの投資先のS&Pの1年間のパフォーマンスです。
S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
出来事・話題
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活