ソフトバンクGによるArm売却報道で感じたArmの危うさ

2016年ソフトバンクGはArmを320億ドル(約3.3兆円)で買収しましたが、現在、ソフトバンクGは売却先を探しているとの報道がありました。元々ソフトバンクGはArmを再上場させて売る予定だったとは言え、結局、この買収は失敗に終わったと言ってもいいと思います。

ソフトバンクGはArmの企業価値を上げて収益を上げるどころか、開発費が増え利益の減少が続いています。

そしてソフトバンクGは最もやってはいけないことをやってしまったようです。

現在報道されている売却交渉先はNVIDIAとアップルです。

アップルは断ったと報道されてますが、こんな事をしたらどうなるか?

当然アップルはArmを買うはずがありません。

素人の私が考えてもデメリットしかありません。

Armのライセンスには2種類あります。

Armが純粋に開発したCPUコアのライセンスとArmの命令セットを使い各社が独自開発できるライセンスがあります。

アップルがMacに搭載しようとしている高速なArmはもちろんアップルが独自に開発したものでArmと呼んでいても中身はアップルの独自CPUだと思います。

このCPUが高速なのはArmの設計技術が優れてるからではなくアップルの技術が優れてるからですよね?

また、このライセンス料なんてかなり低価格で会社をまるごと買うメリットなんてありません。

また、さらに問題なのはiPhoneのアップルとAndroidのGoogleはライバルメーカーなのに、その一方に売却の提案をしてしまったということです!

GoogleにとってはArmがライバルメーカーの傘下になることは驚異であって、Armから離脱するためのキッカケ(androidで将来Armを使うのをやめるキッカケ)を与えたことになります。

また、アップルにとっても買うメリットはないとは言え、ArmがGoogleの傘下に収まると困るので、アップルにとってもArmは使いたくないCPUとなってしまいました。

Armが支持されたのは安価なライセンス料を払えばどの会社も使えるという汎用性?(適切な言葉が浮かびません)だったのにソフトバンクGはそれを破壊してしまったことになります。

もし売りたいならインテルかAMDが妥当だったのではないでしょうか?

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 米国株と日本株の代表的な指数の比較です。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google(Alphabet GOOGL)[赤]
 私の主力株のGoogle (Alphabet)とおススメの投資先のS&Pの1年間のパフォーマンスです。
S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
出来事・話題米国株投資
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活