Googleに投資する10の理由と1つの心配 その6

クラウドでの追撃が始まった

お待たせしました!

「Googleに投資する10の理由と1つの心配」その6です。

待ってない?

クラウドの将来性は疑いがなく、上位の会社が市場を独占していくものと予想されてます。また、クラウドは利益率がとても高く、投資に対して大きな収益を期待できます。

現在、クラウドではアマゾン(AWS)が強くマイクロソフト(Azure)もシェアを上げようとがんばってます。

Google(GCP)は、3〜4番手あたりでかなりダメな状態です。

今の現状をみると、アマゾンの強さはダントツですが、私は、近い将来、3社は同程度のシェアになるのではないかと勝手に想像してます。

というのも、ご存知の方もいると思いますが、Googleは最初、どうみてもやる気がなくシェアが低いのは当然の結果でした。

使用できるプログラミング言語が限られていたり、一般的に使われているデータベースをサポートしてなかったりでした。これじゃ、Googleが好きな私だって、AWSを使っちゃいますよ。

でも、このあたりも解消され、昨年、クラウド事業にも大きく投資しました。この額の大きさがわかるでしょうか?

Googleの2018年第4四半期の設備投資が80%増の68億ドル(約6,800億円)へ増加(リンクは英文です)

私はこの結果が今年、2019年に将来を占える形で結果を出してくれるのではないかと期待しています(アマゾンを抜くのではなく、シェアを大きく伸ばすという意味)。

クラウドが伸びる中、シェアをあげていければ大きな稼ぎ頭になります。

だいたい、インターネットのインフラをおさえている王者のGoogleが本気を出してクラウドで負けるなんて私としては考えられないです。

※このブログはalphabetへの投資を勧めるものではありません。投資先を迷っている方へのおすすめはS&Pです。

現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、7/26(日本時間)に好決算と自社株買い発表で9.6%上昇。(7/27記)
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
Google (Alphabet)米国株投資
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。