ウェイモが自動運転で独走

米カリフォルニア州が自動運転の達成度を図る上で重要な指標である自動運転解除レポートの2018年版 (Autonomous Vehicle Disengagement Reports 2018)を2019年2月に公表しました。

この自動運転を解除するまでの走行距離は、 どれだけ人口知能/AIが人間のドライバーの助けなしに自動運転を継続して運転できたかということで、自動運転の完成度を知る上で重要です。この走行距離をまとめた表が日経xTECHに掲載されていたので、それを元にチャートを作成してみました。そのチャートが以下です。

チャートをみると一目瞭然です。昨年末に自動運転タクシーの商用化、Waymo One (ウェイモ・ワン)を開始したWaymo(Google)が自動運転で独走していることがよくわかります。2位のGM Cruiseも検討してますが、半分程度。それ以降は、完全自動運転には程遠い?ことがわかります。

NVIDIAはGPUの優位性で自動運転で期待されていましたが、自動運転を解除するまでの走行距離が20.1マイルでチャートでみるとほぼゼロでまだまだ完成度が低いことがわかります。ハードウェアメーカーが最終的に完全自動運転までこぎつけるのは難しそうです。死亡事故を起こしたUberが最下位なのが目を引きます。また、アップルはブービーで最下位から2位番目でした。

日本メーカーの中では日産が上位に位置してますが(6位)、トヨタ、ホンダも含めチャートでみるとほぼゼロです。先日、日産、ルノー、三菱自動車の3社連合が、ウェイモと自動運転で提携に関するニュースがあり、ホンダも以前、ウェイモとの自動運転での提携を発表しています。やはり、完全自動運転はウェイモの技術力がないと大手の自動車メーカーにとっても難しく、開発費がかかりすぎることなんだと思います。

チャートを見る限り、完全自動運転のレベル5に到達できそうなメーカーは、WaymoとGM Cruiseぐらいなのでしょうか?

早くWaymo oneの自動運転タクシーに乗ってみたいです。

Every Step Matters
現在参加しているブログ村のカテゴリです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
過去1年間の株価比較チャート (1日1回自動更新)
NYダウ[青] vs 日経平均[赤]
 昨年末の大幅下落以降、日経平均の戻りがNYダウに対して悪いです。 NYダウと日経平均のチャート
S&P[青] vs Google (Alphabet GOOGL)[赤]
 Alphabet、6/4(日本時間)に反トラスト法疑惑で6.1%急落。(6/5記)
 Alphabet、4/30(日本時間)に決算発表により急落。(5/3記) S&PとGoogleのチャート
出展 : ヤフーファイナンス
Google (Alphabet)出来事・話題米国株投資
スポンサーリンク
ゆうすけをフォローする
お気楽アーリーリタイア生活

ご意見をお願いします。