わかった!次世代の検索エンジンの姿

想像ですが、わかりました!次世代の検索エンジンがどうなるか。

Googleの使命をご存知でしょか?

Googleを創設したラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンはGoogleの使命として、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」を掲げて会社を設立しました。

そして作ったのが検索エンジンです。

昨日の記事で、「AIの自動文章作成ツールでブロガーいらなくなりそう」という記事を書いたのですが、現在のインターネットはある意味、膨大な数のほとんど同じような内容の文章で溢れています。ユーザは調べたいことに関連する単語で検索して、場合によっては似たようなたくさんの文章を読んでやっと自分のほしかった情報にたどり着くという、かなり無駄なことをしています。

そこでGoogleの出番です。

AIと言えばGoogle、また、検索エンジンと言えばGoogle。

この2つが結びつくと「ピッピッ!」とひらめきました。

次世代の検索エンジンは、ユーザーのほしいページを提示するのではなく、一歩進んで、人工知能がたくさんのネット上の文章を学習して整理し、AIがユーザのほしい文章を作成(個人個人違った内容の文章)して表示してくれるようなものになるんじゃないかと思いました。言うなれば、AI検索エンジンです。

どうでしょう!!

これこそ究極の「情報の整理」です。まさしく、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの目指す世界じゃないでしょうか?

そうなると、私のブログなんてだれにも読まれませんが、そんな夢のような世界になるならいいですよ〜!

ご意見をお願いします。